行政手続きの大幅改善に舵 「投資有望国」再浮上へ(上)

アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が率いる国民民主連盟(NLD)が政権を担って以降、投資の伸び悩みにあえぐミャンマー政府が、行政手続きの大幅な改善に舵を切っている。昨年までの法整備に加え、今年1月末には、インフラ開発など大型事業の提案、審査、実施決定などの…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

投資相「総選挙の影響楽観」 改革強調、タイ企業を誘致(08/26)

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(08/26)

「ロヒンギャ虐殺の意図」国連が国軍非難(08/26)

アマタ、政府と合弁でヤンゴンに工業団地(08/26)

太陽生命保険、合弁会社への35%出資完了(08/26)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(08/26)

中国向けウナギ大量廃棄か、橋爆破で運べず(08/26)

テレノール、紛争地のネット遮断に懸念表明(08/26)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/26)

FBが偽装アカウント216件削除、国軍関与も(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン