不動産メガワールド、資本的支出に1350億円

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは29日、今年の資本的支出(CAPEX)に650億ペソ(約1,350億円)を充てると発表した。うち8割は全国23カ所の都市開発に、残りは用地取得や不動産投資に振り向ける。 同社は今年、セブ州ラプラプ市の「マクタン・ニュータウン」、西ネ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン人は概して他…(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

セブン、ATM設置へ 20年に300台、日本側は「検討」(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

トヨタ、ラグナ工場の生産ライン増強(07/22)

6月の国際収支、8カ月ぶり赤字(07/22)

6月外国人証券運用、3570億ドル売り越し(07/22)

19日為替:$1=51.040 ペソ(↓)(07/22)

運輸省、ハッチバック規制の期限撤廃(07/22)

企業連合、首都圏空港の改修で修正案(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン