• 印刷する

高層ゴールドタワー、最上階の骨組み完成

カンボジアの首都プノンペンで、昨年初めに工事が再開された42階建て高層ビル「ゴールドタワー42」(高さ200メートル)の最上階の骨組みが完成した。2020年初めの完工に向け、工事は順調に進んでいるもようだ。クメール・タイムズ(電子版)が29日に伝えた。

マカオの偉民建築工程とともに工事を請け負う中国の深セン市洪濤装飾は28日、2020年初めには完工するとの見通しをあらためて発表。最上階の骨組みが完成したことを明らかにした上で、劉年新最高経営責任者(CEO)は「カンボジアの首都で実施される高層ビルの建設に参加できたことは光栄」とコメント。ゴールドタワーが、経済、文化交流を深める中国とカンボジアの友好の象徴になるとの見方を示した。

チア・ソパラ建設相は「向こう数年間にわたり、経済や貿易、文化などさまざまな分野で中国との協力が強化される」と指摘。商業省のチョウン・ダラ長官は、ゴールドタワーが洪濤装飾と偉民建築工程の事業経験を生かした高品質で壮麗なビルになることに期待を示した。

ゴールドタワーは韓国系のヨンウ・カンボジアが08年に着工したが、世界金融危機による資金繰りの悪化などで工事が中断し、昨年初めにようやく再開された。完成後はオフィスや商業施設、コンドミニアムなどが入居する予定だ。建設先は幹線道路のモニボン通りとプレアシアヌーク通りの交差点で、敷地面積は12万9,300平方メートル。


関連国・地域: 中国マカオカンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

三井住友建設、教員養成大学の建設受注(02/18)

首相、EU制裁でも「影響は軽微」(02/18)

米が元野党党首の解放要求、外務省が反論(02/18)

財閥ロイヤル、都心で国内最高層ビルに着工(02/18)

中小企業への税優遇、申請要件に不満(02/18)

対越貿易拡大へ、複数品目の関税撤廃で合意(02/18)

政府、首都空港に駐機場増設を要求(02/18)

電子通貨を不正利用 伊豆大島の宿泊事業者(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン