• 印刷する

世界経済自由度、NZ3位で豪は5位

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団が発表した2019年版「経済自由度指数」で、ニュージーランド(NZ)が3位(指数84.4)、オーストラリアが5位(80.9)となったことが分かった。世界トップは香港(90.2)で、日本は30位(72.1)となった。NZ、オーストラリア、日本とも順位は昨年と変わらなかった。首位以下は2位がシンガポール(89.4)、4位がスイス(81.9)となった。

経済自由度指数は、186の国と地域を対象に、◇法の支配◇政府の規模◇監督機関の効率性◇市場開放性――の4分野に関する12項目を評価し、100点満点で数値化したもの。

NZは今回「労働の自由度」「公務員の汚職度」「政府支出の少なさ」などで評価が上がったが、「財産権の保護」「ビジネスの自由度」「通貨の自由度」「司法の効率度」では下がった。

ミャンマーを除く東南アジア諸国連合(ASEAN)9カ国では、トップはシンガポールで、マレーシアが74.0(22位)で続いた。以下、◇タイ=68.3(43位)◇インドネシア=65.8(56位)◇ブルネイ=65.1(63位)◇フィリピン=63.8(70位)◇カンボジア=57.8(105位)◇ラオス=57.4(110位)◇ベトナム=55.3(128位)――となった。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国では共働きする親が…(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

華為、豪で新高速WiFiサービス提供へ(05/24)

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(05/24)

〔政治スポットライト〕新労働党は企業重視に=アルバニージ議員(05/24)

労働党、QLD州上院議席獲得は1席のみか(05/24)

豪準備銀1.0%に利下げ見通し、効果は小?(05/24)

BHP、石炭から銅・ニッケルに重点移行(05/24)

ケンブラ港の輸入LNG、電力大手が契約(05/24)

加企によるヘルススコープ買収、全株主が支持(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン