• 印刷する

日本産水産物の魅力PR、ジェイフードー

日本の農産物・食品の海外向けプロモーションを行う「日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO、ジェイフードー)」は25~27日、縁起物である日本産のタイ、ブリ(ハマチ)、ホタテの魅力を香港の消費者に伝えるイベントを、香港島・セントラル(中環)の日本食レストラン「四季菊」で開いた。

タイの刺し身、ホタテとハマチのにぎりずし、ハマチの塩焼き、ホタテの鉄板焼き、鯛茶漬けの計6品を用意。イベント会場を訪れた地元の消費者に無料で振る舞った。

会場にはタイが「長寿」、ブリが「成功」、ホタテが「順風満帆」を意味する食材であることを紹介したボードを設置したほか、来場者がすし職人に扮(ふん)して写真撮影できるコーナーも設けた。

四季菊のエグゼクティブシェフである後藤正行氏は「ハマチの塩焼きは食感にこだわって焼き上げた。日本の水産物のおいしさを知ってもらえるとうれしい」と期待を述べた。ジェイフードーの大泉裕樹事務局長は「日本産の新鮮で高品質な魚を食べて、(香港の消費者は)幸運を手に入れてほしい」とコメントした。

イベントは、春節(旧正月)に合わせて日本の縁起物であるタイ、ハマチ、ホタテを香港でプロモーションするキャンペーンの一環。キャンペーンでは特設サイト<https://seafood-jfoodo.jetro.go.jp/>も設けている。

ジェイフードーは日本産のタイ、ハマチ、ホタテの魅力をアピールするイベントを開いた=25日、セントラル(NNA撮影)

ジェイフードーは日本産のタイ、ハマチ、ホタテの魅力をアピールするイベントを開いた=25日、セントラル(NNA撮影)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港の総人口、0.9%増の748万人に(16:06)

テイクオフ:買い換えたスマートフォ…(02/20)

大湾区、イノベ・金融に重点 知財保護、金融商品の取引推進も(02/20)

香港車両の本土通行を利便化へ、大湾区(02/20)

前海の機能強化へ、大湾区計画綱要(02/20)

大湾区都市の役割明確化、政財界が歓迎(02/20)

マカオの優位性をさらに発揮、大湾区(02/20)

デベロッパー各社、大湾区での土地取得加速(02/20)

HSBCの18年決算、税引き前純益16%増(02/20)

反落、HSBCが2%超える下げ=香港株式(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン