• 印刷する

コメ連盟、EU課税に抗議を表明

カンボジア・コメ連盟(CRF)は23日、欧州連合(EU)がカンボジア産米に対する緊急輸入制限(セーフガード)措置を発動したことについて、正式に抗議する声明を発表した。

CRFは声明で「セーフガードの発動は唐突すぎる。コメ産業や農家が関税の適用後も競争力を維持するには、十分な準備期間が必要だ」と指摘。同時に、連盟として生産コストの削減や輸出先の多様化などに取り組み、競争力の改善を図る方針も示した。

2018年のカンボジアのコメ輸出量は、前年比1.5%減の62万6,225トンだった。内訳は、香り米が全体の78.8%を占める49万3,597トン、長粒白米が16.9%の10万5,990トンなどだった。

EUは18日、カンボジア産とミャンマー産のコメにセーフガードを導入。1年目は1トン当たり175ユーロ(約2万1,700円)、2年目は同150ユーロ、3年目は125ユーロの関税を適用した。


関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

韓国の双竜自、首都に旗艦販売店を開設(02/19)

カジノ運営ナガコープ、18年は純利益53%増(02/19)

中学中退者向けネット教育、試験運用始まる(02/19)

外国人の4割が不法滞在、取り締まり強化へ(02/19)

南部の太陽光発電計画、環境評価を実施(02/19)

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

三井住友建設、教員養成大学の建設受注(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン