• 印刷する

タタがSUVハリアー発売、127万ルピーから

タタ・モーターズが発売した新型SUVハリアー(同社提供)

タタ・モーターズが発売した新型SUVハリアー(同社提供)

インドの自動車大手タタ・モーターズは23日、新型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「ハリアー」を正式に発売した。4グレードあり、価格は126万9,000~162万5,000ルピー(約195万~250万円)。民放大手NDTVが伝えた。

昨年2月の自動車展でコンセプトカーを発表後、7月の車名発表、10月の予約受付開始を経て、正式に仕様、価格などを明らかにした。コンパクトSUVとして、韓国・現代自動車の「ツーソン」、欧州と米国に地盤を置くフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の「ジープ・コンパス」などが競合モデルになると目されている。

ボディーはタタ傘下のブランド「ランドローバー」のSUV「ディスカバリースポーツ」で採用しているプラットフォームをベースとし、2.0リットルのディーゼルターボエンジンを搭載する。全長4,598ミリで、ホイールベースは2,741ミリ。車幅は1,894ミリ、車高は1,706ミリとなる。6速のマニュアルトランスミッション(MT)を装備し、「エコ」「シティー」「スポーツ」の3モードでの走行が可能だ。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冷戦時代、日本と欧州の…(07/17)

上期の住宅販売は22%増 回復基調続く、供給の6割が低価格(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

電動二輪ヒーロー、南部で工場設置を計画(07/17)

印企業の景況感、6月は過去最低水準に低下(07/17)

6月の卸売物価は2%上昇、2カ月減速(07/17)

貿易赤字、6月は152.8億ドルに低下(07/17)

インド企業、気候変動のリスクを懸念(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン