• 印刷する

18年の農業生産額0.6%増、2年連続で増加

フィリピン統計庁(PSA)が23日に発表した農水産業統計で、2018年の農業生産額(実質=00年基準)は前年比0.56%増の8,144億3,900万ペソ(約1兆6,900億円)だった。作物と水産は落ち込んだが、家畜と家きんが伸び、2年連続でプラス成長となった。

分野別では、家きんが5.75%増、家畜が1.89%増とプラス成長。家きんは、生産額が最大の鶏が5.20%増の1,037億2,100万ペソで成長をけん引。鶏卵も8.43%増の292億600万ペソに拡大した。家畜は、豚が2.42%増の1,208億7,400万ペソ、乳牛が4.11%増の3億2,500万ペソと伸びた。

作物は0.98%減の4,071億8,400万ペソ。前年の6.69%増から減少に転じた。全体に占める割合は前年の51.18%から50.40%に低下した。作物別に生産量をみると、サトウキビが15.56%減の2,473万トンに落ち込んだほか、パライ(未脱穀米)、トウモロコシ、マンゴーなども前年割れだった。

水産は1.13%減の1,279億5,100万ペソ。生産額が最大のミルクフィッシュ(フィリピン名・バングス)が3.90%減の225億3,000万ペソだったほか、ムロアジが8.14%減、キハダマグロが11.91%減と落ち込んだ。

出荷価格は平均5.62%上昇。分野別では、作物が5.03%、家畜が8.27%、家きんが2.14%、水産が9.79%それぞれ上昇した。上昇率は、キャベツの44.42%、かんきつ類カラマンシーの33.37%、タマネギの31.49%が目立った。一方、ココナツは27.04%、ゴムは15.01%それぞれ低下した。

第4四半期(10~12月)の生産額は、前年同期比1.80%増の2,274億3,000万ペソ。全分野がプラス成長で、家きんが6.99%増と最も伸びた。主要作物の生産量は、台風などの影響でパライやサトウキビは前年割れだったが、トウモロコシは2桁増だった。

出荷価格は2.22%上昇。分野別では、作物が1.94%、家畜が5.69%、水産が7.80%それぞれ上昇した一方、家きんは4.91%下落した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ港の混雑緩和へ空コンテナ移送を指示(02/22)

不動産ウェンセスラオ、今年は40億ペソ投資(02/22)

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

改正会社法が成立、事業環境改善に期待感(02/22)

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(02/22)

21日為替:$1=52.130ペソ(↓)(02/22)

三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目販売(02/22)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(02/22)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン