19年度予算案が上院通過、2月頭の成立視野

フィリピンの上院は21日の第三読会(最終読会)で、2019年度の国家予算を規定した一般歳出法案(GAB)を全会一致で可決した。下院との両院委員会を近く開催し、両院法案の差異を調整するための日程調整などを協議。両院が最終的に合意した後、2月第一週にはドゥテルテ大統領に…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:隣で商業施設を建設中の…(11/20)

通信2社の5G投資低調 対応端末など課題、4Gに注力(11/20)

ペトログリーン、パラワンで風力発電事業(11/20)

メラルコの電力供給契約延長、当局が却下(11/20)

東元、比で中国企業と電動三輪の合弁会社(11/20)

ICTSI、イロイロ港開発計画が前進(11/20)

スービック湾開発庁、自由港の橋建設開始(11/20)

キャセイランド、カビテ軽工業団地を拡張(11/20)

独アウディ、20年の販売目標は1000台(11/20)

財閥SM、国内初のスマート駐車場を新設(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン