自治政府参加の賛否問う、南部ミ島で投票へ

【マニラ共同=岩橋拓郎】フィリピン南部ミンダナオ島西部で21日と2月6日、イスラム教徒による自治政府に参加するか否かを問う住民投票が自治体ごとに実施される。2022年に樹立される予定の自治政府の、権限の及ぶ領域が具体的に決まるため、イスラム勢力にとっては正念場だ。 …

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

遅い審査は自動承認、政府が改善へ細則案(12:09)

テイクオフ:先週末の金曜の夜は、大…(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

日本支援のマニラ南北通勤鉄道が着工(02/18)

ブラカン空港計画、1Qに競合提案を募集(02/18)

19年もペソ安基調、みずほ銀が経済セミナー(02/18)

外国人証券運用、1月は7.6億ドル買い越し(02/18)

15日為替:$1=52.430ペソ(↓)(02/18)

18年海外送金、過去最高3.2兆円も成長鈍化(02/18)

社会保険料引き上げ、改正社会保障法が成立(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン