慰安婦像設置すぐ撤去の市「認識なかった」

【マニラ共同】フィリピンの首都マニラに隣接するラグナ州サンペドロの女性高齢者介護施設の敷地内に昨年末、慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたが、2日後に突然撤去された。サンペドロ市が韓国の団体の協力を得て設置したが、市は「慰安婦問題の像という認識がなかった」と…

関連国・地域: 韓国フィリピン
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン人は概して他…(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

セブン、ATM設置へ 20年に300台、日本側は「検討」(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

トヨタ、ラグナ工場の生産ライン増強(07/22)

6月の国際収支、8カ月ぶり赤字(07/22)

6月外国人証券運用、3570億ドル売り越し(07/22)

19日為替:$1=51.040 ペソ(↓)(07/22)

運輸省、ハッチバック規制の期限撤廃(07/22)

企業連合、首都圏空港の改修で修正案(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン