【ハラール戦略】データで読み解く訪日ムスリム客の動向

第36回 英誌エコノミストは昨年末に公表した世界予測リポートの中で、「2019年はビーガンの年になる」との見方を示しました。世界経済の不透明感や政治の不安定要素といった全12項目の中で、唯一、食関連として取り上げられたのがビーガンです。また英国の高級スーパー、ウェイトロ…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料観光


その他記事

すべての文頭を開く

5カ月連続輸出減、通年10年ぶり低水準の予測(08/16)

フィンテック資金調達額、上期は4倍近く(08/16)

小児ぜんそく監視端末、スタートアップが開発(08/16)

一帯一路への関心高く 東南アジア、投資はベトナム首位(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

工業不動産の入居需要、貿易摩擦で低迷(08/16)

みずほ銀行子会社、サイバー攻撃で情報漏えい(08/16)

人材派遣フルキャスト、地場企業と合弁会社(08/16)

陸運大手の社会事業部門、人材紹介開始(08/16)

みずほとOCBC、地場プルマタ銀を買収か(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン