• 印刷する

熊本県八代市、地元食材売り込みと観光PR

熊本県八代市は16日、香港九龍・尖沙咀で地元食材の紹介と観光のPRを行うイベントを開催した。八代市が海外で地元食材を売り込むのは今回が初めて。会場となった熊本PRのレストラン「櫓杏(ろあん)」にはバイヤーや旅行会社関係者、地元メディアなど約50人が来場。八代市で生産されたトマトや生ガキ、「晩白柚(ばんぺいゆ)」などを試食し、同市への理解を深めた。

会場には青果10種、加工品10種が並んだ。市からは市関係者や生産者も現地入りし、食材を紹介。熊本県のゆるキャラ「くまモン」も登場し、会場を盛り上げた。

櫓杏では同日から今月末まで、八代市でとれたカキやクルマエビ、トマトなどの食材を使い、カキのせいろ蒸しやクルマエビの天ぷらといった特別メニューを提供するフェアを行う。

八代市によると、市を含む県南部はインバウンドの呼び込みで、熊本を結ぶ直行便のある香港、台湾、韓国でのPRに力を入れている。市経済文化交流部の村上咲子氏は、「香港からは特に個人旅行者が多く、今後も(そういった客を)呼び込みたい」と意気込んだ。来月には台湾で特産品をメインにしたイベントを行う予定。

生産者がクルマエビとカキを持参。ゆるキャラ「くまモン」も駆けつけた=16日、尖沙咀(NNA撮影)

生産者がクルマエビとカキを持参。ゆるキャラ「くまモン」も駆けつけた=16日、尖沙咀(NNA撮影)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産サービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

啓徳の宅地、本土系企業が129億ドルで落札(17:40)

テイクオフ:じっとりした海風に乗っ…(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

デモで3万人が来港見送りか 業界予測、本土客など混乱避け(06/27)

本土系銀行の解約呼び掛け、条例改正反対で(06/27)

海外留学の問い合わせ増加、条例改正巡り(06/27)

香港民主派G20前に集会、政府へ圧力(06/27)

土地共有計画に遅れか、黄発展局長(06/27)

香港テナント市場、下期に調整期入り=中原(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン