日本人商工会の伸び鈍化 18年時点、選挙・投資環境に課題

カンボジア日本人商工会(JBAC)の会員企業数の伸びが鈍化している。カンボジア投資ブームが起きた2011年ごろから毎年2桁増が続いていたが、17年、18年は1桁台に減速。17年の地方選挙や18年の下院議会選挙(総選挙)に加え、政府による労働者寄りの政策で企業の負担が増えて…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】中国、救世主か侵略者か ゆがむ成長(4)揺れる主権(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

シアヌークビルSEZ、上場を計画(06/24)

シアヌークビル特区から米へ迂回輸出か(06/24)

ガルーダ航空系、プノンペン線就航(06/24)

コメ貯蔵庫の建設、中国企業が支援(06/24)

韓国企業80社、建材商談会で売り込み(06/24)

首相の長男「米口座に1億ドル預金」を否定(06/24)

ビル倒壊で死者17人に、カンボジア南部(06/24)

ロッテのビール、カンボジアに旗艦店(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン