• 印刷する

テイクオフ:台湾の頼清徳内閣が11…

台湾の頼清徳内閣が11日に総辞職した。昨年11月の統一地方選での民進党大敗を受け、頼氏は「時期が来たら辞任する」と表明していたが、19年度の予算案成立後すぐに、実行に移した。「責任をとるのが民主政治」と語る頼氏の表情は、どこかすがすがしくも見える。

蔡英文政権の3人目の行政院長に任命されたのは民進党の重鎮、蘇貞昌氏だ。個人的には、高雄市長選に落選したものの、おちゃめなキャラクターで人気急上昇中の陳其邁氏の副院長就任に期待したい。台中市長再選とならなかった林佳龍氏も交通部長になるという。

ただ、新内閣の顔ぶれが統一地方選の落選組というところに、民進党の苦しい事情が透けて見える。べテランの再起用で蔡政権の立て直しを図るということだが、支持率が上昇しない中で、有力な人材には傷をつけたくない思惑もあるのだろう。政権運営は苦難が続きそうだ。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(15:49)

韓国で新型肺炎拡大、電子製品を台湾振替か(12:23)

テイクオフ:米アカデミー賞で4冠と…(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

新型肺炎が花見シーズン直撃 訪日台湾人、過去15年で最少か(02/24)

親日台湾でも肺炎対応批判、不信広がる(02/24)

航空業界が政府に救援策要求、近く提出へ(02/24)

TSMC、STマイクロとGaN開発で提携(02/24)

タイ航空が3月の運休拡大、日本便も対象に(02/24)

中国企業がiPhone組立か、台湾EMSに圧力(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン