• 印刷する

テイクオフ:台湾の頼清徳内閣が11…

台湾の頼清徳内閣が11日に総辞職した。昨年11月の統一地方選での民進党大敗を受け、頼氏は「時期が来たら辞任する」と表明していたが、19年度の予算案成立後すぐに、実行に移した。「責任をとるのが民主政治」と語る頼氏の表情は、どこかすがすがしくも見える。

蔡英文政権の3人目の行政院長に任命されたのは民進党の重鎮、蘇貞昌氏だ。個人的には、高雄市長選に落選したものの、おちゃめなキャラクターで人気急上昇中の陳其邁氏の副院長就任に期待したい。台中市長再選とならなかった林佳龍氏も交通部長になるという。

ただ、新内閣の顔ぶれが統一地方選の落選組というところに、民進党の苦しい事情が透けて見える。べテランの再起用で蔡政権の立て直しを図るということだが、支持率が上昇しない中で、有力な人材には傷をつけたくない思惑もあるのだろう。政権運営は苦難が続きそうだ。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大林発電所5号機稼働延長、環境アセス初審通過(12:25)

テイクオフ:性転換したのか、それに…(01/24)

東電PGと東京ガスが検針実験 工研院と連携、台南モデル区内で(01/24)

鴻海、1Qの中国人材需要は5万人(01/24)

商用車販売台数11%増、物流需要など寄与(01/24)

中鋼19年純利益、直近8年で最高の320億元(01/24)

台プラ総裁が19年景気を悲観、貿易摩擦など懸念(01/24)

達邦蛋白、中国企業とバイオ肥料開発で提携(01/24)

18年通年の商業統計、3業種とも過去最高(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン