• 印刷する

デリーメトロ、ピンクラインで新区間が開業

平松賢司駐インド大使(右)らが出席して開通式が行われた(JICA提供)

平松賢司駐インド大使(右)らが出席して開通式が行われた(JICA提供)

国際協力機構(JICA)は10日、建設と運営を支援するデリー首都圏(NCR)の都市高速鉄道(デリーメトロ)のうち、先月31日にピンクラインの一部区間が新たに開業したと発表した。開通したのはラジパットナガル―マユルビハール(ポケット1)区間で全長9.7キロメートル。5駅が設置された。

新区間の開業により、マユルビハール1駅でブルーラインと接続したほか、インド国鉄との乗り継ぎも容易になった。デリー都心部とウッタルプラデシュ州ノイダとの接続性も向上した。

新区間は日本の円借款で行う「デリー高速輸送システム建設事業フェーズ3」の一部に当たる。JICAインド事務所の丹下能嘉次長は声明で、「デリーメトロは市民にとって不可欠なインフラに成長している」と指摘。今回の部分開業ではアシュラム、マユルビハールといった地域の通学・通勤者の利便性が増すとの認識を示した。

今回の部分開業により、デリーメトロの全長は327キロ、駅の数は236に達した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「最近、インド人口は1…(01/25)

二輪バジャジが150億円投資 奨励金制度で、電動車の投入加速(01/25)

EV向け融資を優先分野に、NITI提言(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

シュコダ、新型セダンの現地生産を開始(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

西部高速鉄道、IRCONに線路敷設を発注(01/25)

食事宅配のスウィッギー、7億ドルを調達(01/25)

複合リライアンス、10~12月は42%増益(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン