11月貿易赤字は39億ドル 輸出が6カ月ぶり前年割れ

フィリピン統計庁(PSA)が10日発表した2018年11月の貿易統計(速報値)で、貿易赤字は前年同月比18.9%増の39億100万米ドル(約4,200億円)となった。輸入が16カ月連続で拡大する一方、輸出は6カ月ぶりの減少に転じた。赤字は過去最高額となった同年10月の40億8,100万米ドルを…

関連国・地域: 中国フィリピン日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:歌を口ずさみながらレジ…(12/11)

トヨタ、物流拠点を新設 45億ペソ投資、20年に稼働(12/11)

10月の貿易赤字26%減、輸出はプラス維持(12/11)

1~10月の輸入車販売3.3%減、7.1万台に(12/11)

高速運営NLEX、港湾接続道の敷設計画(12/11)

複合MPIC、病院部門の出資手続き完了(12/11)

JGサミット、独DHLと物流合弁(12/11)

全国送電社の事業、中国企業が40件超受注(12/11)

FDI純流入額、1~9月は37%減=中銀(12/11)

〔ミ島通信〕戒厳令の延長ない、大統領府(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン