• 印刷する

政府、中小企業デジタル化の新支援策発表

シンガポールの情報通信メディア開発庁(IMDA)とシンガポール企業庁(エンタープライズ・シンガポール)は9日、中小企業を対象とする新たなデジタル化支援策を発表した。銀行などの事業者が提供するデジタルソリューションを6カ月にわたって無料で利用できるようにする。

「スタート・デジタル」と命名された制度の適用対象となるのは、地場資本比率が30%以上で、年間売上高が1億Sドル(約80億円)以下または従業員が200人未満の中小企業。同制度のパートナーとなるDBS銀行、OCBC銀行、UOB銀行、通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)、通信大手スターハブ、マレーシア最大手銀行のマラヤン・バンキング(メイバンク)が提供するソリューションを利用する場合、政府の助成で最低6カ月間は課金されない。

利用対象となるソリューションは◇会計・人事管理◇給与支払い◇デジタルマーケティング◇電子取引◇サイバーセキュリティー――の5種類。企業は5つのうち2つを選ぶことができる。少なくとも18カ月利用することが助成の適用条件となる。無料期間が過ぎれば、各事業者に既定の料金を支払う。

S・イスワラン貿易産業相(貿易担当)兼情報通信相はスタート・デジタルについて、「国内企業の大半を占める中小企業のデジタル化推進は国内経済全体にとって大きな意味を持つ」と指摘。「デジタルソリューション導入の初期費用を抑えることで、デジタル化が進む」と意義を強調した。

シンガポール政府は昨年、企業のデジタル化推進策として、国内共通の電子インボイス(適格請求書)システム構築、企業の個人情報保護への取り組みを公式に認定する「データ保護トラストマーク(DPTM)」制度の導入を決めた。イスワラン通産相は同日、両イニシアチブが正式に始動したことを宣言した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

不動産グオコ、2千億円事業の概要発表(19:18)

ブルーSGのEV充電設備、一般車両に開放(19:18)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(19:18)

テイクオフ:ギャンブル依存症は恐ろ…(04/23)

乗用車の新規車両登録15%増 1~3月、上位メーカーけん引(04/23)

農産物流通スタートアップ、資金調達を完了(04/23)

不動産キャピタランド、裁量型ファンド始動(04/23)

ファイアフライ、スバン―セレター便を再開(04/23)

スマート公営住宅、第2弾は西部テンガで(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン