PC2社の売上高、18年12月は明暗分かれる

パソコン(PC)世界大手2社の2018年12月の連結売上高は、華碩電脳(ASUS)が前年同月比9.5%減少した一方、宏碁(エイサー)は4.1%増と3カ月ぶりにプラス転換した。ともに米中貿易摩擦や中央演算装置(CPU)の供給不足による影響を受けたものの、エイサーはゲーミング…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(12:30)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

鴻海の1Q売上高が45%減も、肺炎響く(02/21)

遠伝の資本的支出、今年は16年以降最多に(02/21)

亜太、2Qにも越境モバイル決済サービス(02/21)

台湾企業のシール型体温計に注目、肺炎で(02/21)

太極能源がSiCウエハー参入、4Q量産へ(02/21)

中油と台塑化に逆風、肺炎で業績下振れも(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン