• 印刷する

公共バス定期券、近くペナンでも導入へ

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は、今月から首都圏で導入した公共交通機関「ラピッドKL」の定期券について、近くペナン州でも同様のサービスを開始する考えを示した。9日付スターが伝えた。

ペナン州で導入するのは、月額50リンギ(約1,325円)で「ラピッド・ペナン」が運行するバスが乗り降り自由になる定期券「My50」。同相は「遅くとも年央までにはサービス提供を始める」と説明した。

首都圏では、MRT(大量輸送交通システム)やLRT(軽量高架鉄道)、路線バスなどを月額100リンギで利用できる「My100」の利用者が急増している。My100の登録者数は昨年12月が3万4,472人、今年1月の第1週が3万635人だった。

アンケート調査によると、My100の導入により利用者が交通費を節約できた金額は、月額100リンギ未満が63%と最多。以下、同100~200リンギ未満が27%、200リンギ以上が8%となる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

サクラファインテック、地域拠点開設(19:05)

グラブ、政府の業界規制混乱にいらだち(20:07)

テイクオフ:マレー系マレーシア人の…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

港湾規模の格差がさらに拡大 対シンガポール、国家政策が必要(02/21)

RM=27.2円、$=4.07RM(20日)(02/21)

KTM複線改良事業、工事費35%圧縮へ(02/21)

不動産市場は今年も低迷、供給過剰など影響(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

サンウエー建設、テナガ本社の改築受注(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン