• 印刷する

テイクオフ:中国で数年前、「スター…

中国で数年前、「スターバックス指数」なるものがネットを賑わしたことがあった。スタバの店舗数がその都市の活力を反映しているとして、「わが街の店舗数」を競い合ったのだ。

最近ふと、「テスラ指数」なるものを導入しても面白いのではないかと思うようになった。米テスラの電気自動車(EV)の販売店が何店あるかで、その都市の富裕層の活力が測れるのではないか。なにせ価格は高いもので日本円にして2,000万近くもするのだから。

広州では最近テスラ車を見かける機会が急に増えた。もしテスラ指数で順位をつけたら、上位にくる可能性は高いだろう。一方で、「上海には負けるだろうか」「でも北京には勝てるかもしれない」「意外と低かったらどうしよう」などの思いも頭をよぎる。スタバ指数に一喜一憂する中国人と同じく、やはり「わが街の順位」が気になってしまうようだ。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(17:35)

現代自の中国販売台数、1月は4割減(15:58)

リオが鉄鉱石減産見通し、競合2社に恩恵か(16:47)

「春運」旅客は半減、肺炎で14.8億人止まり(17:28)

新型肺炎の死者、2000人超える(17:28)

新型肺炎、感染者15人増え46人に(17:28)

中国との航空便8割以上が欠航、運輸省(17:03)

建設業界、新型肺炎で不可抗力条項発動も(16:41)

国営ガス、中国企業とLNG分野で協力事業(16:28)

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン