• 印刷する

テイクオフ:SFシリーズ「ブラック…

SFシリーズ「ブラック・ミラー」の最新作「バンダースナッチ」が昨年末、米動画配信大手「ネットフリックス」のサイトで公開された。シリーズ初の映画で、ゲームのように視聴者の選択により話が変わるのが特徴だ。シリーズを通じて、技術の人間社会への影響を問う「アート」となっている。

シリーズで最も勧めたいのは、1年前に公開されたシリーズ4「ノーズダイブ」。第1話で描かれる「ランク社会」は、一定の基準を満たさなければ家や自動車の購入ができず、交流も制限される。滅私を強いられ、社会システムへの反発が禁止された世界だ。

中国政府は2014年、国民を社会・経済的に評価する「社会信用システム」を発表。20年の導入を予定している。ブラック・ミラーの制作者のように、アーティストは受け手に深く考えさせる内容を発信していかなければならない。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

戦略的な産業に優遇付与 貿易産業省などが東京で講演(01/18)

三菱商事、アヤラへの出資比率6.6%に低下(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

ATM代替アプリ、2年で取引額20億円超に(01/18)

17日為替:$1=52.410ペソ(↓)(01/18)

IBMが技術教育課程開設、東南ア2カ国目(01/18)

中国OPPO、新ブランドでシェア拡大へ(01/18)

官民で海事人材を強化へ、大統領令受け(01/18)

港湾大手、三井E&Sの環境型クレーン導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン