• 印刷する

19年の人口、5400万人以上に=政府予測値

ミャンマー政府は、2019年の人口が5,400万人以上に達すると予測している。国勢調査が前回行われた14年からは、約300万人の増加が見込まれる。労働・移民・人口省が6日明らかにしたデータをもとに、イレブン電子版が伝えた。

14年の人口は、男性が2,400万人以上、女性が2,600万人以上だった。

管区・州別では、最大都市ヤンゴンを管轄するヤンゴン管区が700万人以上で最も多く、第2の都市マンダレーを管轄する北中部マンダレー管区、中部エヤワディ管区が、それぞれ600万人以上で続いた。

このほかでは、北西部ザガイン管区が500万人以上、中部バゴー管区が400万人以上、マグウェー管区が300万人以上、東部モン州、西部ラカイン州がそれぞれ200万人以上などとなった。首都ネピドーは100万人以上。

ミャンマーは、14年以前は1983年と73年に国勢調査を実施している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ウィン・カイン電力相、病気で療養中(18:46)

月20時間の停電が企業に影響 インフラ未整備は深刻=米NGO(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

電力の供給制限を解除=ヤンゴン公社発表(06/24)

携帯電話のネット接続遮断、ラカインなどで(06/24)

日本生命、23億円でGGI傘下の35%取得へ(06/24)

ネザスHD、来年初めにヤンゴンでトヨタ店(06/24)

中国東方航空、上海―ヤンゴン線を就航(06/24)

小口融資マハーバウガ、YSX上場目指す(06/24)

国営企業の利益、次年度から全額国庫に上納(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン