• 印刷する

CIMB、第一子出産時の産休6カ月に延長

マレーシア金融大手のCIMBグループ・ホールディングスは6日、第1子を出産した女性社員に対する産前産後休暇を6カ月に延長すると発表した。期間中は有給となる。

産休は、出産予定日の30日前から任意で取得できる。CIMBではこれとは別に6カ月間の無給休暇取得を認めており、今回の新制度と組み合わせることで、最長1年間の休暇取得が可能となった。

同グループでは、第1子を持つ男性社員に対しても、1カ月間の有給での育児休業を認めている。また、5歳以下、もしくは特別な配慮が必要な子どもを持つ社員には、週1日の在宅勤務も認めている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが子が通う保育園でハ…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

「駐在員」の条件見直し示唆 ビザ発給厳格化の可能性も(12/02)

新規感染5439人、累計263.8万人(12/02)

渡航禁止先にマラウイを追加、計8カ国に(12/02)

RM1=26.9円、$1=RM4.22(1日)(12/02)

規制緩和の動きを中断、オミクロン株受け(12/02)

ペトロナス3Q決算、140億リンギの黒字に(12/02)

テナガ、パキスタンの発電事業会社を売却(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン