中国勢がEV市場に続々参入 狙いは二輪・三輪、地場と合弁で

中国の電気自動車(EV)メーカーや部品サプライヤーが、インド市場への参入に力を入れている。電動二輪・三輪車を重点分野に位置付け、地場企業との合弁や提携を通じて販路拡大を図る構図だ。インドでは電動三輪タクシー「eリキシャ」の配備数が現在の170万台から2022年までに5…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙の一斉開票の日が…(05/20)

技術で顧客の新規事業を創出 ITマヒンドラ、DXの担い手に(05/20)

中古携帯の輸入解禁、政府が方針転換(05/20)

印のタタ、年内にトラック7モデルを投入(05/20)

パナ、南部に初の住宅部材展示場を開設(05/20)

ヤマハ発、インドで二輪生産が累計1千万台(05/20)

タタ商社部門、トレーラー子会社を売却(05/20)

自動車部品スンダラム、米国に生産拠点(05/20)

電動二輪アザー、チェンナイで充電設備拡充(05/20)

二輪バジャジ、販売好調で昨年度は最高益(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン