中国勢がEV市場に続々参入 狙いは二輪・三輪、地場と合弁で

中国の電気自動車(EV)メーカーや部品サプライヤーが、インド市場への参入に力を入れている。電動二輪・三輪車を重点分野に位置付け、地場企業との合弁や提携を通じて販路拡大を図る構図だ。インドでは電動三輪タクシー「eリキシャ」の配備数が現在の170万台から2022年までに5…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:エチオピアの首都アディ…(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

地方大学でIT人材発掘 日本企業、AP州で就職説明会(02/18)

IT業界の賃金上昇率、今年は最大20%(02/18)

会宝産業、自動車リサイクル事業を展開(02/18)

車部品ミンダ、シートのハリタを吸収合併へ(02/18)

アダニ炭鉱にダメ出し、科学的評価の草案で(02/18)

タイヤMRF、チェンナイ工場でスト(02/18)

自動車アフター市場、本年度は1.1兆円規模(02/18)

北部で爆発39人死亡、治安部隊標的(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン