米政治混乱が不安増幅、世界経済に減速の足音

【ワシントン、東京共同】米国の政治混迷のあおりで各国市場が急落し、25日の日経平均株価は節目の2万円を大幅に割り込んだ。米財務省の緊急協議がかえって不安を増幅させ、火に油を注いだ形となった。欧米のクリスマス休暇で終始穏やかな薄商いとなるはずだった金融市場は大波乱…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

日系企業に操業停止の動き 車部品需要が減、原料供給も不安(04/10)

テイクオフ:17世紀初頭の東アジア…(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

ファストリ減益へ、コロナ「戦後最大の危機」(04/10)

活動制限令で日系企業9割が在宅勤務を導入(04/10)

3月の売上高3~5%減、セブン・ローソン苦戦(04/10)

国内223店舗を当面休業、良品計画「困難続く」(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン