• 印刷する

テイクオフ:ブンガワン・ソロ、果て…

ブンガワン・ソロ、果てしなき清き流れ――半世紀以上も前に聴いた歌。ソロを流れる川って、さぞかしきれいなんだろうな。子供心にそう思っていた。

ところが、ジャワ島中部の古都ソロを訪れた人いわく「ドロ川ですよ」。歌では清き流れじゃないか。清流とドロ川。どっちが本当なんだろう。現地を訪ねたことのない自分には判断できない。

そう思っていたとき、インドネシア在住四十数年の年配日本人に出会った。教えを請うと、こう答えられる。「清く流れるのは死に水です。川は生きていますから、当然、汚れますよ」。

上流から雨水と落ち葉を運んでくる川は、汚れて当たり前。そうか、昔からよく言うなあ、「水清ければ魚すまず」と。川も人間も、流れるうちに汚れるんだ――人みな寝静まった深夜、そう思うと、なんだか気持ちがラクになった。よし、あしたも汚れるぞ。(昭)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/18)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン