• 印刷する

大学新卒者の半数が起業を希望=ナビゴス

ベトナムの大学新卒者の半数が、起業は未経験だが将来の起業を志している――。人材紹介大手エン・ジャパン傘下で大手求人サイトを運営するナビゴス・グループが、新卒者1,600人余りを対象に実施したアンケート調査の報告で分かった。

調査結果によれば、新卒者の22%が過去に起業した経験があり、起業を希望しないのは26%にとどまった。

現在の月給水準については、500万ドン(215米ドル、約2万4,200円)以上700万ドン未満が34%で最も多く、次いで700万ドン以上1,000万ドン未満が29%を占めた。ただ、勤務2年後の月給希望額として、1,000万~1,500万ドンをあげた人は50%に上り、1,500万~2,000万ドンも23%あった。

報告は、職業選択のガイダンスのないことが大きな障壁になっている指摘する。67%が大学での就職ガイダンスや企業と連携した就職支援が必要と回答している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

フエ病院に聴覚検査ルーム、リオンが支援(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

配車アプリ車政令、表示灯義務案が再浮上(09/19)

ハノイメトロ、中国社に開業時期の明示求む(09/19)

HCM市住宅不足が深刻、早急な対策必要(09/19)

住宅メーカーのカバヤ、越で大工育成へ(09/19)

HCM―モクバイ間高速案件、両省市が合意(09/19)

19年の電力需要、9.9%拡大へ=EVN(09/19)

電機アサンゾが操業再開、疑惑で損失47億円(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン