• 印刷する

大学新卒者の半数が起業を希望=ナビゴス

ベトナムの大学新卒者の半数が、起業は未経験だが将来の起業を志している――。人材紹介大手エン・ジャパン傘下で大手求人サイトを運営するナビゴス・グループが、新卒者1,600人余りを対象に実施したアンケート調査の報告で分かった。

調査結果によれば、新卒者の22%が過去に起業した経験があり、起業を希望しないのは26%にとどまった。

現在の月給水準については、500万ドン(215米ドル、約2万4,200円)以上700万ドン未満が34%で最も多く、次いで700万ドン以上1,000万ドン未満が29%を占めた。ただ、勤務2年後の月給希望額として、1,000万~1,500万ドンをあげた人は50%に上り、1,500万~2,000万ドンも23%あった。

報告は、職業選択のガイダンスのないことが大きな障壁になっている指摘する。67%が大学での就職ガイダンスや企業と連携した就職支援が必要と回答している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

公的機関の汚職、減少傾向に 根絶には遠く適切な対処が必須(04/18)

ベトナムが追加電力供給に合意、首相(04/18)

ビンファストの車工場、6月稼働へ(04/18)

特殊用途トラックの輸入税率、引き上げ提案(04/18)

配車アプリ管理政令案、グラブが意見書(04/18)

ハノイのマンション販売、1Qは65%増(04/18)

製糸業、価格低迷で収益確保に苦戦(04/18)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

1~3月の石油輸入、45%減の12億ドル(04/18)

FPTとSBI、合弁会社設立へ(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン