• 印刷する

米の関税率引き上げ、実施なら3月2日か

米政府は、9月24日に中国からの輸入品2,000億米ドル(約22兆6,700億円)相当に課した追加関税の関税率について、新たな米中貿易交渉が妥結しなかった場合、2019年3月2日午前0時1分(米東部時間)に現行の10%から25%に引き上げることを決めたもようだ。17日付環球時報が海外メディアの報道として伝えた。

米通商代表部(USTR)が連邦公報で明らかにしたという。米政府は元来、関税率の引き上げ日を19年1月1日に設定していた。しかし今月1日の米中首脳会談で、トランプ米大統領は関税率引き上げを90日間猶予することに同意している。

一方、中国政府は今月14日、米国から輸入する完成車や部品に課している25%の追加関税について、来年1月1日から3月末までの期間、課税を停止すると発表。米中が制裁関税措置の実施の手を緩めている間に、交渉が進展するかが注視される。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海から江蘇省蘇州まで…(02/20)

一帯一路で初会議、事業の選択は必要と首脳(02/20)

工作機械輸出、中国向け3割減 1月5%減、3カ月連続マイナス(02/20)

対日輸出、18年は微増止まり 相対的な地位低下を危ぶむ声も(02/20)

大湾区、イノベ・金融に重点 知財保護、金融商品の取引推進も(02/20)

春節明けの求人難が内陸波及 産業移転の中西部、若者は流出(02/20)

香港車両の本土通行を利便化へ、大湾区(02/20)

米中貿易協議、21~22日にワシントンで(02/20)

豪への海外投資額、米が中国抜き1位に(02/20)

前海の機能強化へ、大湾区計画綱要(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン