• 印刷する

1月に酒税改定、度数5%以下は15%増

インドネシア政府は、来年1月にアルコール度数5%以下の飲料の酒税を1リットル当たり1万5,000ルピア(約117円)に引き上げる。現行の同1万3,000ルピアから15%増となる。酒税改定は2014年以来5年ぶり。

エチルアルコール含有飲料の課税に関する財務相令『2018年第158号』を13日に公布した。来年1月1日付で施行する。

アルコール飲料の主原料や副原料となる原酒の酒税は、現行で国産・輸入品とも1リットル当たり10万ルピア。来年からは1グラム当たり1,000ルピアに変更する。1リットルの比重換算は789.2グラムとした。

エチルアルコールそのものやアルコール度数5%超の酒税は据え置いた。

国産ビール「ビンタン・ビール」や「アンカー・ビール」などのアルコール度数は5%以下で増税の対象となる。15日付コンタンによると、それぞれの酒造メーカーの担当者は、新規定について把握していないと説明。増税に伴う値上げの有無について検討するとしている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

医師会が病床不足に警鐘 患者受け入れ拒否の病院も(08/14)

上半期のパーム油輸出額は6.4%増(08/14)

タックスアローワンスの申請、オンライン化(08/14)

年内は外国人観光客受け入れず=調整相(08/14)

国内タイヤ工場、上半期の稼働率は6割(08/14)

地場スンバー、中国社とバタムにEV工場(08/14)

国営建設WIKA、下半期は受注高5倍目標(08/14)

イオンモール1号店、1週間ぶりに営業再開(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン