• 印刷する

【18年の10大ニュース】経済右肩下がりに

2018年の香港経済は、前後半で明暗がはっきりと分かれた。経済成長率は年初に約7年ぶりの高水準を記録したものの、米中貿易摩擦をはじめとする複数の悪材料が浮上すると、強めのブレーキがかかった。経済の推力は依然保っているが、浮揚要因に乏しいのが現実だ。

消費、観光、貿易は不安要素がくすぶり、住宅市場は10年続いた上昇基調が終わりを迎えたとの見方も出てきた。経済の起爆剤と期待された「粤港澳大湾区」(広東省と香港、マカオの経済協力を強化する構想)には大きな動きが見られず、香港と中国本土を結ぶ高速鉄道「広深港高鉄」、海上橋「港珠澳大橋」は9月以降に開通したものの、目立った経済効果はまだ表れていない。政治面はおおむね安定したが、民主派と親中派の対立構造には変化がない。

とはいえ、今年は新たな成長エンジンの育成に向けた動きが活発化した1年だったとも言える。政府が掲げる“イノベーション・テクノロジーの強化”を今後の光明とできるか。

香港の行政長官が約9年ぶりに訪日し、2018年は日港関係が進展した1年でもあった=11月1日、東京(NNA撮影)

香港の行政長官が約9年ぶりに訪日し、2018年は日港関係が進展した1年でもあった=11月1日、東京(NNA撮影)

【第1位】イノベーションに本腰、新たな成長動力に

【第2位】米中貿易戦、香港経済に影

【第3位】高鉄・大橋が開通、経済効果に期待

【第4位】人工島計画発表、インフラに高額投資

【第5位】種類株解禁、HKEXの上場改革に注目

【第6位】モバイル決済が普及、各社の競争過熱

【第7位】分岐点迎える住宅市場、値崩れか

【第8位】自然災害で訪日香港人伸び悩む

【第9位】香港を代表する実業家・李嘉誠氏が引退

【第10位】日本のIR照準、マカオカジノ業界

【番外編】行政長官が訪日、約9年ぶりに実現


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:新界北部・上水の女子刑…(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

生活雇用支援へ歳出2割増 来年度予算案、赤字は過去最大に(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

20年成長率、下限はマイナス1.5%=政府予測(02/27)

国際クール便の再開未定に、ヤマト運輸(02/27)

2月の輸出、さらに悪化の見方も(02/27)

初の10代感染確認、下船乗客=計89人(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン