• 印刷する

輸出業者、米国から来年1Qの受注25%減か

中小企業で構成する香港業界団体の香港中小型企業聯合会(HKSMEA)の劉達邦(ダニー・ラウ)永久名誉会長は8日、米中貿易摩擦の影響で、米国向け輸出を手掛ける香港企業の受注が2019年第1四半期(1~3月)に25%以上落ち込むと予測した。9日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

劉氏はラジオ番組に出演し、米国の中国に対するメッセージが混乱しているとの見方を示した。米国は、中国に対する追加関税の引き上げを90日間猶予することに合意したものの、一方で中国の通信設備・機器の世界最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)の身柄をカナダで拘束した。

こうした不安定要素が原因で、香港と中国本土の輸出業者が米国から受けた来年第1四半期分の受注件数は既に減っていると指摘。状況は悲観的で、減少幅は25%を上回ると予測した。政府の救済策の効果は限定的なものにとどまるとの見方も示した。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米系のVRテーマパーク、横琴で7月開業(13:19)

リキッド、香港の銀通とQR決済で提携(16:38)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

香港中小企業の未回収金、昨年133億ドルに(05/24)

4月のCPI上昇率2.9%、0.8P拡大(05/24)

マカオの格付け据え置き、ムーディーズ(05/24)

財務匯報局と財政省、監査で協力(05/24)

反落、IT関連銘柄で売り広がる=香港株式(05/24)

香港航空が希望退職募集、パイロット過剰で(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン