• 印刷する

香港企業、首都中心部にスマートビル

カンボジアで不動産開発を手掛ける香港企業、タイタン・ストーン・グループ(巨石集団)は、地場の建築設計業者UCグループと共同で、首都プノンペン中心部のボンケンコン地区に最先端のスマート技術を採用したオフィスビル「KYiセンター」を開発する。柬華日報(電子版)が伝えた。

タイタンは既にボンケンコン地区に高級コンドミニアムの「ピカソ・シティー・ガーデン」を建設した実績がある。現在は香港のほか、台北、深セン、アモイ(厦門)、カンボジアに事務所を設置し、物件販売を手掛けている。


関連国・地域: 香港カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

コンテナ飲み屋街が閉鎖 土地代高騰、客足に陰りも(12/13)

証取所の投資家、11月時点で2万人突破(12/13)

対外債務拡大の懸念は不要、経済財政委(12/13)

アムルライス、ベトナムの新規制を懸念(12/13)

台湾系ユニオン銀、新本店ビルの落成式開催(12/13)

外国人観光客、1~10月は11.5%増(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン