• 印刷する

豪3QGDP、0.3%増と2年来の低水準に

豪政府統計局(ABS)が5日に発表した2018年第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)成長率(季節調整値)は、前期比0.3%増、前年同期比2.8%増だった。前期比では市場予想の0.6%増を下回り、大きく伸びた第2四半期と対照的に、マイナス成長となった2016年第3四半期以来の低水準となった。世帯支出の伸び悩みが響いた上、世帯貯蓄が縮小していることも浮き彫りになっている。

支出ベースでは最終消費支出が前期比0.3%増、前年同期比3.1%増だった。このうち最終世帯支出は、食品や保険・金融サービスが貢献し、前期比0.3%増、前年同期比2.5%増。政府支出は前期比0.5%増、前年同期比4.8%増だった。モノとサービスの輸出は前期比0.1%増、前年同期比4.1%増となった。

また、可処分所得の伸び悩みを背景に世帯貯蓄率は2.4%と、2007年以来の水準に低下。国民1人当たりの実質可処分所得は0.3%減と、2017年第2四半期以来のマイナスとなった。

産業別では、保健医療・社会サービスが前年同期比6.9%増となったほか、◆資源:同6.6%増◆その他サービス:6%増◆レンタル・ハイヤー・不動産サービス:5.5%増――などが特に伸びた。一方で、農業・林業・漁業は7.9%減、運輸・郵便・倉庫は0.7%減、製造は0.4%減だった。

キャピタル・エコノミクスのデールズ氏は、「世帯支出が0.3%しか伸びていないにもかかわらず、世帯貯蓄率が10年来の低水準となったことは不安要因。今期に0.6%増と伸びても、今年は年率で2.9%増と、オーストラリア連邦準備銀行(RBA)の予想する3.5%には届かない」と述べた。一方、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、政府支出や企業投資が堅調なことから、短期的には堅実な伸びが続くと予想している。

■3Q経常赤字、107億$に縮小

ABSによると、同期の経常赤字は、純輸出の拡大が貢献し、前期から11%改善の106億8,800万豪ドル(約8,814億円)だった。純輸出の今回のGDP成長率への寄与度は0.3%となった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪州、G7へ初の特別参加 今後のG8形成も視野?(08/26)

大林組、共同事業体でNSW建設事業進行中(08/26)

NZ企、豪の住宅市場20%縮小を予想(08/26)

パイプラインAPA、米国で資産買収に本腰(08/26)

東部州、ガス高騰で製造業の危機が深刻化(08/26)

シェルが豪ERM買収、電力小売市場に参入(08/26)

豪が印に石炭売り込み、中国の需要低下で(08/26)

〔ポッサムのつぶやき〕豪の男女賃金格差、性差別が理由の1位(08/26)

フェアワーク委、非労組の労使協定を容認(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン