• 印刷する

豪アマゾン進出後1年、市場に変革=調査

米オンライン小売大手アマゾン・コムが昨年12月にオーストラリアに進出して以来、アマゾンは予想されていたほどの快進撃をまだ見せていないが、着実に成果を上げており、市場に変革をもたらすとともに米国での成功を再現しつつある――。英メディア調査企業マインドシェアによれば、アマゾンの進出によってオーストラリアの電子商取引市場は大きく押し上げられたという。5日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

オーストラリアでは昨年12月のアマゾン進出後、今年2~9月に消費者によるオンラインショッピング利用数(アマゾンを除く)が前年同期比で9.9%増加し、0.1%減を記録していた1年前から大幅な改善を見せた。アマゾンの利用数は同期間中に31%増加し、1カ月当たりの平均訪問者数は進出前の535万人から9月には757万人に増加。アマゾンに対する消費者の認知度も3月に57%だったのが、10月には73%に上昇した。

マインドシェアのジョー・ラン最高戦略責任者は、「今年3月の時点で、オーストラリアのネット利用者のうちアマゾンで購入している人の割合は4~6%程度とみられていたが、現在は約14~15%に達している」と述べ、アマゾンの勢いが増していると指摘。「長期的に米国で成し遂げた成功を、オーストラリアでも再現している」との見方を示した。

アマゾンのオーストラリア部門が取り扱う商品数は、昨年12月の時点で750万点ほどだったが、今年11月には約1億点に上っている。過去1年間に売れ筋だった商品は、任天堂のゲーム機やブロック玩具のレゴ、ブルーレイ・DVD、フィットネス・ヘルス関連商品などだったという。


関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本での一時帰国中の買…(02/19)

日清フーズ、豪穀物製造買収か 中国企業が応札撤退(02/19)

大同出資の豪生保企、個人向け保険販売へ(02/19)

WAの水素生産、日豪褐炭事業の競合に?(02/19)

アダニ炭鉱、湿地帯の保全が新たな障害に?(02/19)

シェル、独社買収で豪蓄電池市場に初参入(02/19)

〔政治スポットライト〕与党保守連合の二党間支持率、労働党に迫る(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

豪系マビン、南部に家畜飼料倉庫を開設(02/19)

北部開発融資のNAIF、農業・観光に注力(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン