• 印刷する

テイクオフ:今年の金馬奨で長編アニ…

今年の金馬奨で長編アニメの最優秀賞を獲得した「幸福路上」は、近年の台湾社会の移り変わりを1人の女性を通して描いた佳作だった。物語の重要な小道具として登場するのがクリスマス用品。かつての台湾の主な輸出品だ。

1960年代から70年代にかけての台湾人の生活はまだ苦しく、多くの主婦が家庭でクリスマス用品などを作る内職をしていた。彼女たちの頑張りは家計を支え、子供たちが進学するための資金を稼ぎ、台湾が80年代以降、飛躍的に経済成長する上での礎になった。

12月に入ると、台北の町もクリスマスを祝う飾りつけで彩られる。クリスマス用品は今では中国製ばかりになり、台湾製と言えばプレゼント用のゲーム関連機器だったりするのかもしれない。だが、ある年代以上の人にとっては、ツリーの明かりがともるたびに電球の下で内職にいそしむ母親の姿が心に浮かぶのである。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年に入り、台湾で児童…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

和泰汽車、日本仕様の新型プリウス投入(02/21)

台北の工作機械見本市、商機は20億米ドル(02/21)

「蝦皮」での県市別消費額、18年は彰化が最高(02/21)

電源デルタ、自動車用好調で18年は4%増益(02/21)

台湾ファミマ、沖縄県産鶏卵の販売開始(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン