縫製協会、EU制裁懸念は「時期尚早」

カンボジア縫製協会(GMAC)は、欧州連合(EU)が検討する関税優遇措置の停止への影響について、まだ懸念する段階ではないとの見方を示している。労働者の人権保護などカンボジアに落ち度がない以上、制裁が実行される可能性が低いと楽観視している。一方、実際に実行されれ…

関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

後発3カ国の対日輸出14%増 1~3月、品質・輸送改善が寄与(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

〔寄り道〕その看板には「中国食堂」と…(05/24)

シアヌークビル開発、深センの使節団が調査(05/24)

不動産に値上がり余地、中国実業家(05/24)

中国、農水省にコメ輸出業者の調査要請(05/24)

太陽光発電の整備加速を提唱、業界団体(05/24)

バッタンバンとトボンクムンに高裁新設へ(05/24)

ファーウェイ制裁に懸念 スマホ利用者、サービス停止も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン