ミ島の戒厳令延長論強まる、来年の投票控え

【マニラ共同】イスラム過激派対策のため、フィリピン南部ミンダナオ島に出された戒厳令の延長論が強まっている。年末が有効期限だが、来年は中間選挙やイスラム自治政府関連の住民投票が控える。過激派の動向を警戒する軍と警察は、3度目の延長をドゥテルテ大統領に進言する方針…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

クラーク再開発、データランドが参画協議(02/15)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(上) 政府事業の3千台、ついに完納へ(02/15)

メトロパシ、カビテに国内最大級の配送ハブ(02/15)

メトロパシの高速道会社、政府保有株売却へ(02/15)

首都圏統合駅の建設、3工区全て地場と契約(02/15)

米シールドエアー、地場の軟包装事業を買収(02/15)

グーグルが無料ワイファイ、PLDTと協業(02/15)

14日為替:$1=52.380ペソ(↓)(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

台湾政府、今年の比人観光客50万人目標(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン