ミ島の戒厳令延長論強まる、来年の投票控え

【マニラ共同】イスラム過激派対策のため、フィリピン南部ミンダナオ島に出された戒厳令の延長論が強まっている。年末が有効期限だが、来年は中間選挙やイスラム自治政府関連の住民投票が控える。過激派の動向を警戒する軍と警察は、3度目の延長をドゥテルテ大統領に進言する方針…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都郊外のコンテナデポ稼働率低迷、閉鎖も(18:15)

クラーク工業団地、物流以外の企業も誘致へ(18:15)

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(20:30)

財閥SM、コリビング事業4800床に拡大(19:33)

テイクオフ:先日、フィリピンで初め…(06/17)

1Q経常赤字は12億ドル 6期連続赤字、対GDP比1.5%に(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

看護師「流出」懸念、予防策に賃上げ検討(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン