• 印刷する

アットコスメ、タイ1号店を開業

美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは11月30日、化粧品専門店「アットコスメストア」のタイ1号店を首都バンコクに開業した。東南アジア諸国連合(ASEAN)では初の実店舗。顧客が店内にあるほぼ全ての商品を購入前に試すことができる点などをアピールする。

店舗は、チャオプラヤー川沿いの大型複合施設「アイコンサイアム」の2階に入居した。投資額は1,600万バーツ(約5,500万円)。店舗面積は約300平方メートルで、3,000~3,200点の商品を取り扱う。うち90%は輸入品で、日本のアットコスメストアの1.1~1.2倍の価格で販売する。

アイスタイルの吉松徹郎社長は「この店を通じて、日本の化粧品をタイの人に知ってもらいたい。将来的には、タイで人気の化粧品はアットコスメストアに行けば見つかるというイメージも定着させたい」と述べた。

同社は、来年2月にタイ2号店をバンコク中心部の商業施設「サイアム・センター」に開業する予定。向こう3年でタイの店舗数を5店に拡大する。吉松社長は、来年タイで実店舗とオンラインをつなぐアプリ「グローバル@cosme(アットコスメ)」を導入する計画も明らかにした。

タイでは、フランスの化粧品専門店「Sephora(セフォラ)」などが競合になると見られるが、顧客を第一に考えた店づくりや、日本の商品に特化したマーケティングで他社との差別化を図る。

アットコスメストアは、日本で26店を展開するほか、台湾、香港、韓国にも進出している。

アイスタイルの2018年7~9月の売上高は前年同期比16.4%増の77億2,200万円だった。同社は20年6月末までに、年間の売上高を500億円に引き上げたい考え。17年のタイのビューティー・パーソナルケア市場は約1,981億3,800万バーツで、22年までに2,607億4,700万バーツに拡大する見通しという。

美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは、実店舗のASEAN1号店をタイにオープンした=11月30日、バンコク(NNA撮影)

美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは、実店舗のASEAN1号店をタイにオープンした=11月30日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 化学小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

19年のEV登録が4倍に急伸 累計千台超え、環境問題で訴求も(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

マプタプット港第3期拡張事業、2Qに着工(01/17)

住宅ランド、20年は低層のみ16件開発(01/17)

干ばつによる水不足、EECへの影響懸念(01/17)

国営企業、1Qに予算4千億円執行の見通し(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

エンジ協会、プロジェクト管理セミナー開催(01/17)

シーロムのタニヤプラザ、36億円で改装へ(01/17)

シンハ、環境意識高まりで瓶入り飲料水強化(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン