• 印刷する

今年の小規模地震回数、昨年の2倍に

ミャンマーで観測される小規模な地震の回数が2018年、前年比2倍以上のペースで増加している。大地震の前触れというよりは、観測態勢の充実により感知能力が向上したためとみられている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が27日伝えた。

ミャンマー地震委員会(MEC)のミョー・タン副委員長によると、18年1~10月にミャンマーで観測された地震は130回。17年は通年で約60件だった。多くは小規模の地震で、同副委員長は「計測装置が入手しやすくなったことで、感知回数が増えたのかもしれない」と指摘した。

1月の地震は7回で、うち1回はマグニチュード(M)5.8だった。頻発する地震が大地震の前震かどうかについて、同副委員長は「前震は、ある場合もない場合もある」と述べて、直接の関連を否定。一方で「1930年にバゴーで大地震が起きて以来、90年近くが経過しており、警戒が必要だ」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

グローバル化指数が急上昇 貿易増が貢献もインフラに課題(02/22)

農村へ金融知識、日本人起業家が冊子発行(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

1月のインフレ率は6.94%、前月上回る(02/22)

チン州初の空港が近く完成、交通改善に期待(02/22)

外貨持ち高を自己資本の20%以内に、中銀(02/22)

マンダレー郊外で大規模開発、ゴルフ場など(02/22)

SMI、10~12月売上高は16.6%減少(02/22)

地場研究所、英のリスク管理研修機関に認定(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン