• 印刷する

テイクオフ:フィリピンほどクリスマ…

フィリピンほどクリスマスを長く祝う国はないだろう。クリスマスシーズンは9月1日に始まり、12月までの「バーマンス(英語で最後に”ber”が付く月)」の間続く。ネット経由で広がっていく画像や文章などの「ミーム」では、バーマンスより前にクリスマスがテーマになることさえある。

クリスマスには悪い面もある。マニラ首都圏では、プレゼントを買いに行く人が増え、交通渋滞がひどくなる。消費意欲が高まるバーマンスには、窃盗や強盗などの犯罪も増える。ドゥテルテ政権が発足した2016年以降、犯罪件数は減っているものの、警察はこの時期、警戒を強化している。

しかし、そんなことにフィリピン人は動じない。道が混もうが、泥棒がいようが、親しい人へのプレゼントを買い、みんなでクリスマスを祝う。あるニュースサイトがフィリピンを「お祝いの国」と形容するのもうなずける。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オリコ、自動車ローンで進出(05/17)

ダブルドラゴン、17億円でダバオに倉庫団地(16:26)

財閥アボイティス、越空港投資に意欲(16:26)

米中摩擦、比への影響は最少 恩恵もなく産業構造の転換急務(05/17)

開票98%で大統領派圧勝、公式結果は延期に(05/17)

パンダ債第2弾発行、400億円を調達(05/17)

1Qの財政赤字、対GDP比2.1%に低下(05/17)

3月の海外送金受取、6.6%増の25億ドル(05/17)

ロペス系投資会社、今年は630億円を投資(05/17)

預金準備率、7月末までに16%へ引き下げ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン