• 印刷する

テイクオフ:フィリピンほどクリスマ…

フィリピンほどクリスマスを長く祝う国はないだろう。クリスマスシーズンは9月1日に始まり、12月までの「バーマンス(英語で最後に”ber”が付く月)」の間続く。ネット経由で広がっていく画像や文章などの「ミーム」では、バーマンスより前にクリスマスがテーマになることさえある。

クリスマスには悪い面もある。マニラ首都圏では、プレゼントを買いに行く人が増え、交通渋滞がひどくなる。消費意欲が高まるバーマンスには、窃盗や強盗などの犯罪も増える。ドゥテルテ政権が発足した2016年以降、犯罪件数は減っているものの、警察はこの時期、警戒を強化している。

しかし、そんなことにフィリピン人は動じない。道が混もうが、泥棒がいようが、親しい人へのプレゼントを買い、みんなでクリスマスを祝う。あるニュースサイトがフィリピンを「お祝いの国」と形容するのもうなずける。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の現金自動預払機(…(02/20)

新車販売のマイナス成長続く 1月は15%減の2.7万台(02/20)

トヨタの新ハイエース、比で世界初披露(02/20)

現代自の1月販売5%減、通年は楽観視(02/20)

19日為替:$1=52.210ペソ(↑)(02/20)

家電コンセプション、18年はペソ安で減益(02/20)

韓進のスービック造船所、操業を停止(02/20)

クラーク空港、18年旅客は過去最高266万人(02/20)

NAIA2の改修工事、来年3月に完了(02/20)

マランパヤガス田、18年生産は過去最高(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン