リョンハップ、ベトナムで飼料生産増強

マレーシアの養鶏・食品大手リョン・ハップ・インターナショナルが、ベトナムでの飼料生産を増強する。同国での需要拡大に応じたもので、現地の飼料子会社エムインベスト・フィードミル・ベトナムが12月に第4工場を開設する計画だ。21日付スターが伝えた。 投資額は2,000万米ドル…

関連国・地域: ベトナムマレーシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

メガファースト、ペラ州の複合開発を中止(10:42)

生活費上昇に包括的な対策を 経済成長でライフスタイル変化(08/16)

相模ゴム、ペラ州でコンドームの工場増設(08/16)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(15日)(08/16)

カスペルスキー、ア初の透明性センター設置(08/16)

国家ファイバー網、5年で216億リンギ投資(08/16)

車の顧客サービス満足度、三菱自が連続首位(08/16)

企業の8割、海外在住経験者の雇用に意欲(08/16)

2Qの総人口、0.6%増の3258万人(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン