• 印刷する

18年の自動車部品生産額、3.1%増予測

台湾政府系シンクタンク、工業技術研究院(工研院、ITRI)の産業経済すう勢研究センター(IEK)はこのほど、2018年の台湾の自動車部品生産額は前年比3.1%増の2,061億8,700万台湾元(約7,514億8,000万円)で、輸出先は米国が45.7%を占めるとの予測を示した。19日付中央通信社が伝えた。

IEKによると、現在台湾の自動車部品産業の従業員数は8万6,000人以上。部品メーカーは2,549社で、うち相手先ブランドによる生産(OEM)を手掛けるのは約300社、中国に生産拠点を構えるのは約200社という。

17年に域内で生産された自動車部品のうち、輸出分が77.5%を占めた。主要輸出先は北米、欧州連合(EU)、中国、日本で、うち米国が45.3%を占めた。

IEKはまた、19年の生産額は前年比1.5%増の2,092億8,000万元に上ると予想。米国ではアフターマーケット(AM)市場の需要が旺盛だが、米中貿易摩擦と関税の動向に注視するとともに、メキシコや北米、中南米などに市場を分散する必要があると指摘した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:相手の発言を聞き終わる…(06/25)

エバー航空スト、長期化懸念 7月も一部欠航に、観光にも影響(06/25)

総合競争力トップは深セン 上位3位変わらず、2大デルタ強し(06/25)

郭台銘氏、鴻海Gは公的機関も認める高給企業(06/25)

リードフレーム順徳工業、25億元で台湾生産拡大(06/25)

中華電信、5Gは20年下期にサービス開始目標(06/25)

正新、ベトナム工場で自転車タイヤ生産開始(06/25)

5月の商業統計、小売業と飲食業がプラス成長(06/25)

宇峻、人気ゲームのスマホ版を日本初配信(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン