CNG車、インフラ整備で30年に普及率5割

野村総合研究所(NRI)は、圧縮天然ガス(CNG)を燃料とする自動車の普及に必要なインフラが整備された場合、2030年までに普及率が5割に達する可能性があるとの見通しを示した。エコノミック・タイムズ(電子版)が19日に伝えた。 インド政府は先に発表した天然ガス・イン…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリーの一角で先…(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

トヨタが販売店支援、金利肩代わりなど実施(04/01)

二輪ヒーロー、取引先への支払いを一部停止(04/01)

二輪ロイヤル、不可抗力条項発動か=地元紙(04/01)

BS4適合車の販売延長、業界に恩恵薄く(04/01)

3カ月の支払い猶予、公営各行が実施(04/01)

シャプールジ、タタ株担保に10億ドル調達へ(04/01)

貿易政策の適用期間を半年延長、政府が検討(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン