• 印刷する

運輸省、既存・中古車両も排ガス規制強化へ

ベトナム運輸省は、大気汚染対策として新車に加え、既存の車両や中古の自動車に対する排ガス規制を強化する計画だ。現在、規制強化に向けて政令案の意見聴取を実施している。VOVニュースが16日に伝えた。

政令案では、1999年から2008年までに製造・輸入された自動車は21年1月1日より、08年以降に製造・輸入されたものは20年1月1日より、二酸化炭素排出係数を現行の4.5(第1レベル)から3.5(第2レベル)、炭化水素濃度を1,200ppmから800ppmを満たすよう基準を厳格化する。また、ディーゼル車については煙濃度を72%HSU(煙の不透明度の単位)から60%HSUにするよう提案した。中古車についても、それぞれ基準を引き上げる。

ベトナム国内の自動車台数は今年5月までに300万台を超え、10年前から3.2倍に増加した。環境への負担が大幅に増加しているにもかかわらず、使用中の車両に対する排ガス基準は10年間変わっていないという。

自動車輸送協会のグエン・バン・タイン会長は「排ガス規制を強化する必要がある」と述べ、ハノイやホーチミン市などでは大気汚染が深刻だとして、もっと早期に規制を設けるべきだったと指摘した。新車に関しては、11年の首相決定49号(49/2011/QD―TTg)で17年1月1日以降に製造、輸入された自動車に欧州の排ガス基準「ユーロ4」を、22年1月1日からは「ユーロ5」を採用することが義務付けられている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

越ブランドで世界をめざす 有機コスメtaran.の取り組み(03/27)

FDI受入額、1Qは86%増の108億ドル(03/27)

通信機器の正文、ベトナム工場で下期量産(03/27)

韓国企業、タインコンに自動車電装部品供給(03/27)

ファーズン造船、タンカーを韓国企業に納入(03/27)

航空機整備のシンガ越合弁企業、設立認可(03/27)

ディー・エム広告、HCM市に現法設立(03/27)

シンガ越合弁、HCM市にツインタワー建設(03/27)

斗山ビナなど外資2社、通関優先制度適用(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン