• 印刷する

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…

週末のジャカルタでは、大通りを駆ける自転車の姿を多く見かける。買い物用ママチャリでなく、サイクリング専用のロードバイクだ。しかもみんなヘルメット、サイクルウエア、アイウエアでばっちりキメ、何台も列を連ねて走っている。カーフリーデーでもあり、健康を意識する人がロードサイクルを始めたのだろう。週を追うごとにその人数が増えているような気がする。

バイクや自動車がビュンビュン走る横で自転車をこぐのは心落ち着くものではない。何より排ガスにまみれながら走るのは、本当に健康を意識しているのか、と見てしまう。ただ普段動くことが少ないジャカルタで、週末だけでも自転車で運動ができるのは、いい傾向ではないか。

自転車が走るその横の歩道を汗だくになって歩いている身としては、自転車のほうが涼しそう、という感想しか出てこなかったが。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/13)

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン