• 印刷する

テイクオフ:「誰がウイグルをケアし…

「誰がウイグルをケアしてくれるんだ」。数年前に友人が中国・新疆ウイグル自治区で出会った地元民と酒を飲んでいた時のこと。酔いも回って、地元民は涙を流して訴え始めた。酒場には中国当局のスパイとみられる姿もあり、発言には気を付ける必要があった。過激な思想を持つとみなされた者は拘束され、強制収容所に送られるからだ。

その弾圧が、ここ数年で激しさを増している。国連によると、同地では大量のウイグル人が行方不明で、収容所には約100万人が拘束されているとされる。施設では「再教育」と称したイスラムを抑圧する洗脳教育、心理的・身体的な拷問が行われているという。

友人が出会った地元民は、次の日から姿を消した。以後数日間、自宅や町中を探し回ったが、とうとう再会することはできなかった。友人は今でも、あの日の涙を忘れられずにいる。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

年末年始、慎重な支出続く 官民が消費喚起も伸びは4%見込(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

ビッグC、データ分析でニールセンと提携(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

沖縄の商社、地場輸入卸と資本業務提携(12/14)

ディーン&デルーカ、仏ラガルデールにFC(12/14)

19年は電動車の販売増加=カシコンリサーチ(12/14)

イタルタイ、タダノのトラッククレーン発売(12/14)

サイアムセメント、バングラに合弁設立(12/14)

通信トゥルー、電子決済企業の保有株を売却(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン