• 印刷する

マンダレー線車両、中国から調達を国会提案

ミャンマーのタン・ズィン・マウン運輸・通信相は12日、鉄道車両28両の調達費用として、中国から8,000万人民元(約13億円)の無利子融資を受けることを連邦議会に提案した。イレブン電子版が14日伝えた。

タン・ズィン・マウン氏によると、調達する車両は最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーを結ぶ既存路線に投入する。同氏は「運行車両数を増やすことで、乗客の利便性と安全性が高まる」と述べた。

ミャンマーはアジア開発銀行(ADB)との提携でまとめた「2018年鉄道整備計画」で、27年までに機関車60両、客車500両、貨車800両を調達する必要があると報告した。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

政府、投資促進委員会を設置(12:59)

低価格住宅の不足が深刻化 ADB、ヤンゴン人口増で警鐘(06/27)

マンダレー、華為との事業提携を見直しへ(06/27)

紛争地のネット遮断、国連報告者が非難(06/27)

ラカイン州議会、ネット接続遮断解除を要請(06/27)

自動車部品の輸入許可を拡大、組立業を支援(06/27)

厦門航空、ヤンゴン直行便の運航開始(06/27)

銀行口座の開設希望者が増加=VISA調査(06/27)

チン州、アウン・サン将軍像の設置取り止め(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン