• 印刷する

マンダレー線車両、中国から調達を国会提案

ミャンマーのタン・ズィン・マウン運輸・通信相は12日、鉄道車両28両の調達費用として、中国から8,000万人民元(約13億円)の無利子融資を受けることを連邦議会に提案した。イレブン電子版が14日伝えた。

タン・ズィン・マウン氏によると、調達する車両は最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーを結ぶ既存路線に投入する。同氏は「運行車両数を増やすことで、乗客の利便性と安全性が高まる」と述べた。

ミャンマーはアジア開発銀行(ADB)との提携でまとめた「2018年鉄道整備計画」で、27年までに機関車60両、客車500両、貨車800両を調達する必要があると報告した。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

与党顧問弁護士の殺害、2被告に死刑(02/15)

国連が1千億円拠出要請、ロヒンギャ援助(02/15)

行政手続きの大幅改善に舵 「投資有望国」再浮上へ(上)(02/15)

HIS、訪日需要喚起へマンダレー支店開設(02/15)

軍系政党が憲法改正案、与党に対抗(02/15)

携帯各社に販促の一時停止を命令、政府(02/15)

タイ国境、3月から冷凍肉・魚の輸入停止(02/15)

政府、全国都市計画の一環で道路整備推進へ(02/15)

ヤンゴン、新たな市内循環バス運行開始へ(02/15)

韓国と合同で映画製作、両国の観光振興で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン