• 印刷する

テイクオフ:友人が網膜色素変性症の…

友人が網膜色素変性症の疑いがある。視力が低下して視野が狭くなっており、医者には様子をみていくしかないと言われているそうだ。

治療には遺伝子治療や網膜幹細胞の移植などがあるそうだが、メルボルン拠点の医療企業バイオニック・ビジョン・テクノロジーズが画期的な開発をしたことを知った。同社は、網膜色素変性症で目が見えなくなった4人に対して人工眼の治験を行っているという。参加者は、目の前のモノを見分けることができるようになり、盲導犬や人の付き添いがなくても1人で歩くことができるという。技術的な詳細は分からないが、海外の人工眼よりも単純な仕組みでより安全とのことだ。

実はオーストラリアは、Wi―Fi(ワイファイ)の中心技術を開発するなど、世界的な発明を世に送り出してきた。人工眼でも世界をリードできるかもしれない。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の友人と電話で話を…(12/06)

NZ準備銀、資本比率引上げ 豪4大銀など、2百億$増資必要(12/06)

会計監査院、西シドニー空港建設の報償に異議(12/06)

豪10月貿易黒字、34%大幅減少(12/06)

豪10月小売り横ばい、減税効果まだ表れず(12/06)

豪家計貯蓄が急上昇、消費者は支出より貯金(12/06)

印鉄鋼タタ、豪の原料炭輸出の停滞を懸念(12/06)

企業、夏季の電力消費削減でAEMOに協力(12/06)

11月の製造業PMI、48.1に低下(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン