【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・11月

■為替 ◆2018年10月の動向 10月の対米ドル・リンギは4.13後半で寄付き。英欧の政治、財政不安を背景としたリスクオフにドル買いが先行。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が中立水準を超えての利上げ可能性に言及し米金利が上昇したこともドルの強材料となり、対リン…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イオン、東南ア初の業態導入 地域ごとの店舗設計で需要に対応(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

TRXで21年下期に「西武」開業、そごうKL(11/22)

RM1=26.0円、$1=4.17RM(21日)(11/22)

自動車UMW、発表済みの2Q利益を修正(11/22)

病院IHH、シンガポール新興企業に出資(11/22)

住宅省、未活用の寄進地を有効活用へ(11/22)

金融区TRX初の住宅物件、25日に発売(11/22)

パーム油輸入、業界が関税引き上げ要求(11/22)

オンライン診療、政府が来年全国展開(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン